腎臓病食でも調理次第で美味しさアップ|宅配サービスも簡単便利

医者

知って、防ぐ、自分の病気

医者

腎臓病は、腎臓の働きが悪くなる病気です。腎臓は一度働きが失われると、回復することがなく、「慢性腎不全」という病気へとつながる状態になってしまいます。腎臓病の代表的な症状は、タンパク尿や血尿、むくみなどですが、初期状態には自覚症状が全くない、という特徴があります。そのため、検査以外では発見されることがなく、放置されがちになってしまう病気といえます。「慢性腎不全」となってしまうと、たまった老廃物などによって「尿毒症」という症状が引き起こされます。神経や循環器、皮膚などにも影響を及ぼしてしまい、治療には透析が必要となってきます。透析は、一度必要となると、ずっと治療を続けなければいけないもので、病院に通い続けなければなりません。そのため腎臓病は、早期発見・治療が完治の大きなカギとなります。

で腎臓病を早期発見するために、まずは尿中のタンパク質を調べる尿検査と、同時に血液検査を定期的に受けることが大切です。腎臓病は検査でしか発見することが出来ないため、少しでも不安のある方は、一度でも検査を受けるのがオススメです。また、日常的に出来る対策方法としては、ウォーキングなどの有酸素運動を行うこと、があげられます。1日30分程度、適度な運動をすることによって、尿タンパクが減少するといわれており、また、脂質代謝などの改善も期待できます。腎臓病患者は近年増えてきているといわれています。その背景として、運動をしない人が増えていることや、食生活の乱れが著しくなっていることがあげられます。今後、患者はもっと増えていくと予想されるため、生活習慣の改善が重要となってきます。